スポンサーリンク

人の子に母乳あげないで!訳あってミルク育児の場合もあるんです。

スポンサーリンク

赤ちゃんを出産すると必ず母乳で育てているか?ミルクで育てているか?って聞かれる事があると思います。

私はどっちでもいい派です。お母さんの状態がベストになるのが1番です。

これから私が体験した嫌だった事を話します。

他の子に母乳をあげるお母さん

こんにちは♡

いねむり母さんの頭の中の管理人トトモカ(@totomoka2)です。

今から約12年前長女を出産しました。

出産前ミルクで育てたら、預ける事も出来るし絶対ミルクで育てる~。なんて思ってました。

でもねいざ産んでみると子供産んでみないと分からなかった何とも言えない感情、(母性なのか、責任感なのか、)可愛いを通り越しすぎるような、上手く表現出来ないような何かが湧き出てきて、母乳をあげてる時の幸福感がたまりませんでした。

 

病院を退院して一週間して、頭から足まで体全身に蕁麻疹がでるようになりました。

義母に長女を預かってもらい、私は病院に行きました。

病院では薬をもらいましたが、それを飲むと母乳はあげちゃいけないと言われ、帰りの車で泣いたのを覚えています。(出産前は、あれだけミルクで育てると張り切っていたのに‥‥)

病院が終わり、義母に今から帰ると連絡すると『○○の家(旦那のいとこに当たる人)にきてるから、そこにおいで~』と言われ、急いで向かいました。

迎えに行き『泣いてた?』と聞くと義母が、『○○のおっぱい飲んで寝てるよ~』って答えたんです。普段から母乳!母乳がいいんだよって感じで言われていたのもあり、母乳があげられなくなると複雑な気持ちもあり、私は『ミルクあったのに~』と当時の私の精一杯の反論をしましたが、『ミルクよく分からなくて~○○は、母乳タンクだから~』と笑ってました。

預ける前にちゃんと教えたじゃんと思いました。

旦那のいとこは、私の長女より1ヶ月早く出産していて、2人目だし先輩ママさんですが、いくら何でも人の子に母乳をあげる人がいるなんて、母乳から感染する病気だってあるのに、今思い出してもほんと嫌な気持ちしかありません。

ミルク育児はかわいそう?そうでもないよ

それから母乳がもらえないなんてかわいそうだね。って言われたり、ミルクなんてかわいそう免疫力がつかないなど、散々言わたりして、薬なんてやめたい!って思いながらも全身にでる蕁麻疹のかゆみは、想像を上回る程のかゆさ!薬を飲まないなんて出来ません。

自分自身の寂しい気持ちもありましたが、ミルクを飲まし始めてしばらくすると、まとめて寝てくれるようになり、寝てくれてる間に家事をして、また、寝てる間に雑誌なんか見て~肝心の赤ちゃんはこれまでにない程にご機嫌♡とかなり余裕のある育児に変わりました。

夜中の授乳だって、疲れてる日は旦那にお願い出来たし、実家の母に預けて、お出かけ出来たりと母乳だったらなかなか出来ない事もミルクだと簡単にできました。

そのころから、意外とイケてるじゃんミルクと思い始めた私。

母乳が1番?そうじゃない我が家

母乳で育てると、生活習慣病を防ぐ!免疫力がつく!その他にも母乳で得られるメリットは、たくさん教えられるのに、どうしてミルクで得られるメリットは、あまり教えてくれないのか、不思議になります。

我が家だけかもしれませんが、旦那は哺乳瓶を受け付けず、完全母乳で育ったらしい。現在、完全な生活習慣病。

子供4人の中で2週間しか母乳を飲んでない長女は1番病気にならず、身長だってクラスで大きな方。

長女よりは、母乳を飲んだ長男は、よく風邪をひく。

母乳歴一番長い次女、熱出して3回の入院おまけに健診で低身長の疑い、再検査!現在、クラスで一番のおチビさん。

こうして、みるとほんとに母乳がいいのか分からなくなる程だ💦私の母乳だけが悪い気もしてきた。笑

イヤ‥‥。

そんなはずはない。だって、母乳をあげてる間だけは、生きてきた中で一番食事も気をつけてるし、飲み物だってな~んか高いハーブのようなもん飲んでるもんな‥‥😂

まとめ

私、個人の意見をまとめると赤ちゃんは、母乳でもミルクでも元気に育ちます。←私の場合ミルクの方が病気知らずですが💦

産まれて半年もすれば、離乳食だって始まります。

だから、母乳でもミルクでも好きなのあげたらいいですよ。

ただ、それを人まで巻き込むのは間違ってる。

お母さん達は、それぞれ必死で子育てしています。母乳育児を押しつける事も、ミルク育児を押しつける事もやめた方がいいですね。

母乳育児を、押しつけられて嫌な気持ちでしたが、私も人にミルクいいよ。と押しつけないよう気をつけようと思いました。

みんなそれぞれお母さん自身がベストの状態で子育てできるのが一番です。周りにしっかり頼って元気に子育てしていきましょう。

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す