スポンサーリンク

披露宴の招待客の人数は芸能人並!余興大好き沖縄県民!

スポンサーリンク

こんにちは♡

ぜったーーーいに働きたくない専業主婦代表【いねむり母さんの頭の中】の管理人トトモカ(@totomoka2)です。

どんな主婦だよ!と思った方はこちらをどうぞ☆

今日は、久しぶりに披露宴に出席させてもらったのでその事について話したい😊イェーイ✌

 

かぎやで風を頼まれた

踊ってきました~☆久しぶり過ぎて緊張ブルブル震えました!笑

 

そもそもかぎやで風って何?

沖縄本島で、祝宴の座開きとして踊られる祝儀舞踊。 歌意:「今日の喜びを何とたたえる事ができましょう。まるで蕾の花が朝露を受けて、ぱっと咲き開いた様な心持ちです」演出には数種あり、それによって演目名が異なる場合がある。本来は、老人芸であるので、長寿を寿ぎ国家安泰を願い、子孫繁栄を喜ぶ思想で終始する。振りも扇を用いのびのびと大らかに展開する。古典舞踊で唯一の翁芸であり、祝福芸である。

引用:Weblio

3歳から18まで琉球舞踊を習っていた私は、親戚の結婚披露宴などがあると今でも時々踊ることがあるんです。ブルブルですが💦

招待人数が多い披露宴

沖縄県の披露宴と言えば、招待客の人数がとにかく多い。

今日の披露宴も100人は超えていましたね~

そういや私の時も多かったわ~懐かしい♡11年前

私は披露宴しなくてもいい(恥ずかしいから)それか、ほんとに少ない人数でいいかなって感じだったんだけど、やると決まれば互いの両親、はりきるよね~

それで、両親の都合で呼ばなきゃいけない人なども出てきてなんと、招待人数が400人超えてました(・∀・)多過ぎ💦

その辺歩いてる人が混ざっても誰も気づかんな!こりゃ‥‥

沖縄の披露宴はなぜか、本人達が知らない親の友人や父の会社の方やあまり会わない親戚なども招待されるから人数が多い。

でも最近では、身近な方のみで行われる小さな結婚式も人気です。

妹がやってましたがそれでも100人は超えてたかな(^^;)

ブライダルフェア情報ならぐるなびウエディング。無料試食会など特典付きも

余興で盛り上がる

これもまた、沖縄の特徴なのか余興が多い。

私の披露宴のプログラムですが、かぎやで風とエイサーを合わせると7つもあった。

そんなに誰がやる?って感じですが、友人や親戚の子、職場の方などがやってくれます。

今回出席した披露宴でもやってました。

獅子舞です。舞台に登場した獅子舞が客席の方にも来てました。

2人で1匹の獅子舞を演じていましたが、それが見事♡

息がぴったりとあって練習大変だっただろうなーとなぜか、裏の努力を考えながら見てしまいました💦

おばーちゃんの頭に噛みついた~

次々に、人の頭を噛んでいく~

これには、ちゃんと意味があって邪気を食べてくれてるんですって。

私も噛まれたかったなぁー(T_T)全ての邪気を食べてほしい(欲張りかッ!)

カチャーシーは舞台に一直線

沖縄の披露宴でほとんど見られるカチャーシー。

またまた変な名前の訳わからんやつ出てきました~

カチャーシーは、テンポの速い沖縄民謡の演奏に合わせて踊られる、両手を頭上に挙げ、手首を回しながら左右に振る踊り。多くは演奏会や宴席のクライマックスとして踊られる。沖縄方言の訛で「かき回し」という意味であり、頭上で手を左右に振るさまが、かき回すように見えるため呼び名がついた。

引用:Wikipedia

音楽がなり出すと、ほとんど舞台に行くので席は、がら~んとなります。

今回は控えめに舞台には上がりませんでしたが、お酒を飲むとだいたい舞台に一直線です(^_^;)

涙涙の感謝の手紙

小さい時から母がいなくて、父も県外に住んでいる花嫁さんは、2人暮らしだったおばーちゃんへの感謝の手紙を読みます。

もうね~、これでもかってほどに大号泣しました。

こんなに泣いたのは久しぶり、マタニティーブルーで大泣きした以来( ̄∇ ̄)

周りのみんな、ほとんど泣いていて会場中が涙に包まれるとは、まさにこの事だわ~感動と思って花嫁さんのおばーちゃん見ると泣いてない!爆笑

泣いてないんかーい!

と心で思わず言っちゃいました。

可愛いお土産も頂きました

引き出物の他にちんすこうのお土産をもらいました。(わーい♡ちんすこう大好き)

そして、会場に飾ってあったお花もスタッフさんからもらえてラッキー☆(琉舞のメイクで目立っていたから?)

優しそうな新郎に、笑顔が素敵な新婦さん、それから楽しい余興、感動的な感謝の手紙と心温まる素敵な披露宴に参加できてとてもよかったわ~

大満足☆

帰りの車で思い出した、旦那が今朝出て行ったんだった~

でも、家に帰ると帰って来てました。

これは、話し合いが必要みたいです💦人生は、楽しいことばかりじゃないですね(T_T)

終わり☆

 


にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す