シールを作るおもちゃ【ミラクルデコレッタ】は小学1年生でも遊べるのか?口コミ紹介

ミラクルデコレッタ小学1年生




トトモカ

こんにちは♡

働きたくない専業主婦代表トトモカ(@totomoka2)です。

 

今回は【ミラクルデコレッタ】で小学1年生の娘が遊んだ様子を紹介!

 

【ミラクルデコレッタ】は2018年3月にバンダイから発売されたシールが作れるおもちゃです。

 

自分の好きな素材を使ってオリジナルのシールが出来るし、厚みのある物(3mmまで)もシールにできちゃうからプクっとしたかわいいシールも出来て1年生の娘は大喜びでした。

 

 

どうやって遊ぶのか?
1年生でも1人で遊べるのか?などを合わせて書いていくので【ミラクルデコレッタ】について知りたいあなたはぜひ最後まで読んでみて下さい。

【ミラクルデコレッタ】の対象年齢は?小学1年生でも1人で遊べる?

ミラクルデコレッタ

ミラクルデコレッタの対象年齢は6歳以上です。

結果から話すと【ミラクルデコレッタ】は小学1年生が1人で遊ぶにはちょっと難しいおもちゃ!

遊ぶ前のシールを作るロールのセットとか大人の私でも説明書を読んでやったので1年生にはお手伝いが必要です。

お手伝いしながら一緒に遊ぶととっても楽しそうにしてました。

 

トトモカ
毎回一緒に遊ぶのは、めんどくさいなー笑

ってのが私の正直な感想。

 

*本体自体に細かいパーツはありませんがシールなどの付属品が細いので小さなお子さんがいる家庭は注意が必要です。

 

ミラクルデコレッタの中に入っている物

 

□本体‥‥1個

□粘着ロール‥‥1個

□透明ロール‥‥1個

□テンプレート‥‥1枚

□デザインシート‥‥1枚

□ダイカットシート‥‥1枚

□ダイカットフェルト‥‥3色 

 

ミラクルデコレッタの遊び方

準備からシールを作るまでを写真付きで説明していきます。

ミラクルデコレッタ準備

はじめに本体に必要なパーツを取り付けていきます。

反対側の星のパーツも忘れずに取り付けていくよ!

上の方に透明ロール、下には粘着ロールを取り付けます。

透明ロールと粘着ロールを貼り合わせて、反対側に出せば準備は完了!

ミラクルデコレッタのシールの作り方

シールにしたい物を選ぶ!

娘はフェルトの素材を選んだよ!

粘着ロールに並べる!

 

ポイント
粘着シートのムダにならないように工夫して並べてみるようアドバイスしました。

 

 

レバーをクルクルすると反対側から出来上がったシールが出てきました☆

水色の部分をハサミのマークに合わせてピンクのつまみをスライドさせるとスーッと簡単に切れます。

 

ミラクルデコレッタのシールが上手く作れない!を解決☆

シールが出来上がってもすぐに剥がすとダメ!

粘着シートと素材がちゃんとくっついてなくてシールになっていない場合があります。

しっかりと押さえよう。

 

トトモカ
1年生、これでもかってほど押さえるの頑張ってます。

 

しっかり押さえる事で粘着シートと素材がしっかりくっついてキレイなシールが出来ます。

デコレッタの出来たシールはどうする?

 

シールが作れたのはいいけどいろんな所に貼られては困る(笑)

なので、シール帳に貼って楽しんでもらいました。

 

ミラクルデコレッタで遊びおわったら粘着シートを保護しよう

粘着シートはそのままにしておくとホコリがくっついてシールがキレイに作れなくなるので保護します。

その時に使うのが作ったシールを剥がした台紙!

ツルツルした面を粘着シートに貼り付けて保護すると次に使う時にすぐに使えます。

ミラクルデコレッタのシールがなくなったらどうするの?

ミラクルデコレッタのシールを作る粘着シートがなくなったら専用のシール素材を買い足して遊ぶ事が出来ます。

ミラクルデコレッタのまとめ

準備が難しくてめんどうだと思っていたけど1度準備したら次からはそのまま使えるので1年生の娘でも慣れると1人で遊ぶ事ができてます。

お気に入りのキャラクターをシールにしたり、厚み(3mmまで)のある物もシールに出来るのでキラキラのラインストーンをシールにしたりして色々なシールを自分で考えて作って楽しそうです。

絵が好きな子だと自分のオリジナルのシールとかできるしアルバムに貼ったりしても良さそうですよ。

 

トトモカ
じゃあ、またね~☆

 

 

コメントを残す