スポンサーリンク

思春期の子供と向き合うコツって何だろう?

スポンサーリンク
トトモカ
レレ~ご飯やがてできるからお風呂入ってきて~
長女レレ
‥‥。
トトモカ
セセお風呂終わってるからあんたも早くお風呂入ってきて~
長女レレ
‥‥。
トトモカ
お母さんも早くお風呂入りたいから先にお風呂入ってきて~
長女レレ
‥‥。
トトモカ
さっきから言ってるけど、あんた人の話しきいてるか~?
長女レレ
いちいちうるさいなー聞いてるけど

思春期イライラ娘に大爆発

こんにちわ♡

いねむり母さんの頭の中の管理人のトトモカ(@totomoka2)です。

我が家の長女レレが4月から6年生になります。
困った事に最近おこりんぼなんですよ(۳˚Д˚)۳
どうやら思春期っぽい。

家の中のおこりんぼは、私一人で十分ですけども……

さっきの会話(上に書いたやつ)、他にも色々なバージョンの『お風呂に入ってきて~』を繰り返してたのにもかかわらず、なかなかお風呂に入らない上に、うるさいとまで言われたので、はい!出ましたおこりんぼ母さん!出動!

おこりんぼとかカワイイもんではなかったな!
あれは! 🙄

朝から機嫌の悪い次男ロロ(4ヶ月)にずっーーーと泣かれて私もイライラしてたので大爆発!

トトモカ
何がいちいちうるさい?お前が何回言っても返事もしないからだろ。口答えするなら出てけーーー 👿
きっかけ覚えてます?笑
お風呂入ってきて~ですよ(^^;
私も大人げないんですけど、ほんとイライラしてしまったんです。(母さんだって人間だもんイライラしますよね~)

あわせて読みたい‼

 

自分の反抗期と今までの子育て

これまでも、チラチラと反抗期か?って感じのものがあったんですけど、『うるさいなー』って言われたのは、初めてです。

よくよく考えると、うるさいな~なんてかわいいもんです。
これから、クソババー、ウザい、キモい、なんて言われるかもしれないし覚悟しなきゃΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

こんな出来事があって、私も昔(自分の反抗期)を振り返りました。

私の親は、ほんとに厳しかった。特に長女の私には厳しく、何も口答えができませんでした。
どちらかと言うと押さえつけられて育ってきました。

今思えば、私は家では親の顔色をうかがって、いい子でいましたが、親の目の届かない所で問題行動を起こしていました。

人一倍マセガキだった私は、小学5年生になると、親に内緒でピアスをするために耳を開けたり、眉を剃ったりと色々とやらかしました。

結局は、妹が親に言いつけてバレてひどく叱られましたがヽ( ̄д ̄;)ノ
それでも懲りず、6年生でタバコを吸ってみたら先生にばれて、親呼び出され親に迷惑かけてばかり。

そんな私を、諦めずケンカしながらも育ててくれて感謝してます。

振り返ると娘にギャーギャー言ってる自分が恥ずかしくなりますね。

親に押さえつけられて育ってきた私も、子供たちを押さえつけて育ててきたなと最近感じます。
小さいときは、親が怖くて言うことを聞いてくれても、ある程度大きくなるとそれは、通用しなくなります。

長女の娘には、一番厳しくしてるのに、一番頼ってもいるので、娘からすると納得出来ない事も多かったかもしれません。

これから(思春期)の子育てを考えてみる。

思春期の子供ってほんと難しいお年頃ですよね。

だからと言って子育てやーめたなんて事は、許されませんので、うまく付き合っていくしかなさそうです。

そんな娘と向き合うコツを考えたのですが、コツと言うよりは作戦になりますね 😉

イライラ思春期娘とうまく向き合う5つの作戦♡

1.受け入れる作戦

とにかく、受け入れてしまおうと考えました。
もはや、作戦でも何でもないのだけど、娘が思春期なのは、事実なので、娘がイライラしてる時、反抗的な態度の時、反抗期だから多少の事は、仕方ないと広い心で受け止める。(おこりんぼに出来るか心配( ゚Д゚)キャァァァ!!)

2.くだらないと思わずに話を聞く作戦

私は、子供の話を聞いてる時に、ついつい先周りをして、これが、こうで、こうなったからこうなんでしょ!!
と子供が話そうとしている内容を先に言ってしまう事があります。

そんな時は、だいたい心で『時間もないのに、こんな話に付き合ってられない』なんて思ってます。それは、絶対に子供にも伝わっていて、お母さんは、私の話しをくだらないと思っている。と娘は感じていると思うので、話の腰を折らずに、最後まで聞いてみる。
そうする事で、娘の考えてる事が少しでも理解できるといいなと思います。

3.オウム返し作戦

例えば、娘が『今日、学校で○○ちゃんと遊んでとってもたのしかったよ』と言うと、私も『○○ちゃんと遊んで楽しかったんだね』と相手が話した事をオウムのように返します。

これには、ちゃんと聞いてるよアピールと共感しているよアピールの効果があります。
ただ、全てにオウム返しをしてしまうと、何も考えず適当に聞いてる感じになるので、そこは注意してみます。

4.認める作戦

思春期の子供は、周りから認められたい気持ちでいっぱい。
親として娘を否定せずに認める。
子供が、元気な姿で居ることが当たり前になると、そのことに感謝しなくなります。

子供が大きな病気もせずに元気で居てくれることは、ありがたいことです。
子供に対して、『あなたがここに元気で居てくれるだけでいい。ありがとう。』と感謝を持って存在を認める。

5.ほめる作戦

存在を認める事と、同時にほめる事を心がける。
人って、ほめられると嬉しいいですよね。だから、私も娘をほめようと、思います。
適当にでは、ありません。娘をよく観察していいところを見つけてほめて、のばす。
きっと、会話が弾むはずヽ(≧∀≦)ノ

以上、私が試してる作戦♡
この作戦が、うまく行くのかは、分からないけど、何もしないよりは、いいはず。
長くなりましたが、最後まで読んでくださってありがとうございます(*≧∪≦)

追記2018年4月6日

作戦開始から約3ヶ月‼その後の経過はここから☆


にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す